検索
  • ygcompany

16㎏の大型犬「義経」のお別れ

昨日まずは電話で「15㌔までの料金しか掲載無いのですが、うちの16㌔の子の花送りと火葬引き受けてもらえますか?」というお問い合わせをいただきました。残念ながら当店で花送りに使うベット(かご)が長さ80cmの物までしかご用意がありません。なので「ベットはご用意できないのですが、ご遺体が眠っているベット、お布団などを使っての花送りならできます」とお答えすると「それでもいいのでお願いします」と言っていただけたので、お引き受けし花送りに行ってきました。

 お客様のご自宅につくと旦那様がダンボール2個を工作し大きなベットを作ってくれていました。そこにお花をきれいに手向けて花送りをさせていただきました。

 今回のワンちゃん「義経君」のことを子犬の時に上富良野まで迎えに行って、家族になった話、当時小学生だった息子さんが「名前は義経にする!!」ってお名前が決まった話、臆病でチワワのような小型犬にもビビッてしまう話。そして亡くなる前夜の話。いろいろ思い出を聞かせていただき、今回も泣きながら花送りしてきました。

 花送りが終わると「とってもきれいだなー、ヨシ(義経君のこと)よかったねー、あんたお花食べちゃダメだよーー」と話していたのが印象的でした。

 そして火葬が終わってご家族様が当店の花屋(さとうはなみつ)にご来店いただき、花祭壇をお申し込みいただきました。その時もお話をさせていただき、大型犬だったので火葬に4時間(お骨が冷めるまでに結構時間がかかります)だったことなどもお聞かせくださいました。今回ミルルでは15㌔を超えるワンちゃんの花送り、火葬のご依頼が初めてだったので私たちも勉強になりました。

今回の花送りの後の義経君のお写真を掲載しています。ご家族の方が「こんなにきれいにしてもらったし、このミルルの花送りのことを皆さんに知っていただきたいので」と快く掲載をご了承いただきました。ご家族の皆様ありがとうございました。

 このようにHPに載っていない区分のことLINEでもお電話でも構いませんなどなんでもご相談ください。私たちができることで最後のお別れお手伝いさせていただきます。

義経君安らかに。。。。。。


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今週16歳のMダックスの花送りに行ってきたときに聞いたお話です。 この子は0歳の時に家族になり、もう直ぐ1歳というときに体に疾患が見つかったそうで、病院では「1歳の誕生日迎えられないかも、、、、」と言われてしまったそうです。 いろいろな病院にかかって、最後に動物病院の先生に「私の大学の先輩なら治せるかも」と言われ北区太平の「まえたに動物病院さん」に行って手術をしてもらい無事に手術も成功し、16歳ま

先日ミルルの母体でもある、花屋さとうはなみつに一月ほど前に花送りをさせていただいたご家族様がご来店し、お花を買ってくださいました。 少しお話をすると「ずっと沈んでて、外に出る気持ちにもなれなかったんだけど、今日初めて夢に出てきてくっれて、少し気持ちが楽になり、外に出る気力をもらったんです」と教えてくれましました。ペットロスという言葉だけでは気持ちの整理もつかないのが本当のところ、私も経験があり、お