検索
  • ygcompany

出会い、初めて家族になった時のお話

りをしながらよく聞くお話の一つに、「どうやってこの家の一員になったんですか?」 というお話。  今週は学生時代の友人からの依頼で花送りに行ってきました。今回亡くなったワンちゃん「小次郎くん」とっても家族に愛されていたそうで、いろいろなお話を聞かせてもらいながらの花送りでした。 15年前 あるペットショップでとっても可愛い子犬を見つけたそうです。ですがご主人さまが転勤になりそうな雰囲気があり、「もし転勤にならなくて、そしてその時に、この子犬がまだこのペットショップにいたら、家族に迎えよう」と決めていたそうです。 そしてこの時は会社から転勤の辞令が出なかったそうで、家族でこのペットショップに向かったところ、子犬の小次郎は待っていてくれたそうです。運命ですよね!  ちなみに私の家の猫との出会いは、今でもお世話になっている NPO法人 「猫と人を繋ぐ 」ツキネコ北海道さんに 一時的に保護猫を預かるボランティアに申し込んだところ、猫初心者の私達には成猫1匹が割当てられるというお話でした。その気持で迎えに行くとなんと子猫3兄弟が待っていて、その3兄弟と一週間ボランティアとして過ごしたら、もうメロメロになり手放せなくなり、そのまま家族に迎えることになったという感じです。  すべてのご家族にペットちゃんとの運命的な出会いがありますよね!! そんなお話を聞くと花送りをしながらついついぐっと来て涙を堪えるのに大変です、と言うかポロポロ溢れることも、、、、  札幌でペット葬儀 

りをしながらよく聞くお話の一つに、「どうやってこの家の一員になったんですか?」 というお話。  今週は学生時代の友人からの依頼で花送りに行ってきました。今回亡くなったワンちゃん「小次郎くん」とっても家族に愛されていたそうで、いろいろなお話を聞かせてもらいながらの花送りでした。 15年前 あるペットショップでとっても可愛い子犬を見つけたそうです。ですがご主人さまが転勤になりそうな雰囲気があり、「もし転勤にならなくて、そしてその時に、この子犬がまだこのペットショップにいたら、家族に迎えよう」と決めていたそうです。 そしてこの時は会社から転勤の辞令が出なかったそうで、家族でこのペットショップに向かったところ、子犬の小次郎は待っていてくれたそうです。運命ですよね!  ちなみに私の家の猫との出会いは、今でもお世話になっている NPO法人 「猫と人を繋ぐ 」ツキネコ北海道さんに 一時的に保護猫を預かるボランティアに申し込んだところ、猫初心者の私達には成猫1匹が割当てられるというお話でした。その気持で迎えに行くとなんと子猫3兄弟が待っていて、その3兄弟と一週間ボランティアとして過ごしたら、もうメロメロになり手放せなくなり、そのまま家族に迎えることになったという感じです。  すべてのご家族にペットちゃんとの運命的な出会いがありますよね!! そんなお話を聞くと花送りをしながらついついぐっと来て涙を堪えるのに大変です、と言うかポロポロ溢れることも、、、、  札幌でペット葬儀  

 15年前 あるペットショップでとっても可愛い子犬を見つけたそうです。ですがご主人さまが転勤になりそうな雰囲気があり、「もし転勤にならなくて、そしてその時に、この子犬がまだこのペットショップにいたら、家族に迎えよう」と決めていたそうです。

 そしてこの時は会社から転勤の辞令が出なかったそうで、家族でこのペットショップに向かったところ、子犬の小次郎は待っていてくれたそうです。運命ですよね!

  ちなみに私の家の猫との出会いは、今でもお世話になっている NPO法人 「猫と人を繋ぐ 」ツキネコ北海道さんに 一時的に保護猫を預かるボランティアに申し込んだところ、猫初心者の私達には成猫1匹が割当てられるというお話でした。その気持で迎えに行くとなんと子猫3兄弟が待っていて、その3兄弟と一週間ボランティアとして過ごしたら、もうメロメロになり手放せなくなり、そのまま家族に迎えることになったという感じです。

 すべてのご家族にペットちゃんとの運命的な出会いがありますよね!! そんなお話を聞くと花送りをしながらついついぐっと来て涙を堪えるのに大変です、と言うかポロポロ溢れることも、、、、  札幌でペット葬儀 ペット火葬  ミルルへ


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今週16歳のMダックスの花送りに行ってきたときに聞いたお話です。 この子は0歳の時に家族になり、もう直ぐ1歳というときに体に疾患が見つかったそうで、病院では「1歳の誕生日迎えられないかも、、、、」と言われてしまったそうです。 いろいろな病院にかかって、最後に動物病院の先生に「私の大学の先輩なら治せるかも」と言われ北区太平の「まえたに動物病院さん」に行って手術をしてもらい無事に手術も成功し、16歳ま

先日ミルルの母体でもある、花屋さとうはなみつに一月ほど前に花送りをさせていただいたご家族様がご来店し、お花を買ってくださいました。 少しお話をすると「ずっと沈んでて、外に出る気持ちにもなれなかったんだけど、今日初めて夢に出てきてくっれて、少し気持ちが楽になり、外に出る気力をもらったんです」と教えてくれましました。ペットロスという言葉だけでは気持ちの整理もつかないのが本当のところ、私も経験があり、お