top of page
記事: Blog2_Post

ポメラニアンのA君の花送り

更新日:3月9日

 今回ご家族様からお電話をもらったのが火曜日の夕方でした。どうしてもしっかりとお葬式もして送ってあげたいので「やすらぎの丘さんの霊園」での火葬がしたい、というご意向でした。ですが、霊園の火葬の最終時間が16:00で、平日だとこの時間に間に合わないという事、移動火葬車の訪問火葬もご提案して、ご家族で相談してもらいました。


札幌 ペット 葬儀

 


札幌 ペット 火葬

札幌 ペット 葬儀

お客様から「やすらぎの丘さんのHPを見ると、遺体を預かって冷凍保存してくれるって読みましたので3日後、金曜日祝日にお願いできますか?」といいお話になりました。

 当店が提携する「ペットの葬儀やさんリーフ」「やすらぎの丘」さんは急速冷凍でご遺体を補完できる大きな冷凍庫を持っています。どうしてもお預かりする形にはなるのですが、冷凍で保存するので、お体の腐敗などなく花送り、火葬まで保存可能です。

 今回は亡くなって三日冷凍庫で保管し、花送り(金曜日午前中)の前日木曜日に冷凍庫から出して室温で保管し、お体を自然解凍しました。解凍すると、お体も元の状態に戻り、毛並みもふわふわになりました。

 そして今回は花送りと霊園火葬を同じ日の近い時間で行うため、ミルルの母体の「花屋さとうはなみつ」の2階を使って花送りとなりました。

 ポメラニアンのA君と3日ぶりに対面したご家族様は終始涙でしたが、無事に花送りを終えてそのままやすらぎの丘さんへお車で移動していただき、無事に火葬ができました(さとうはなみつ→やすらぎの丘 車で20分ほどの距離です。)


札幌 ペット 葬儀

(今回もご家族様に許可を頂きお写真の掲載をさせていただいております。)

 今回はいつもと違う形でのお葬式でしたが、そのご家族様ごとに、ご希望する形や、スケジュール的な理由でご希望もあります。 どんな理由でもすべてお伝えいただければ、こちらでできる限りお話を聞き、私たちの出来ることをお伝えし一番いい形で最期のお別れのお手伝いをさせていただきたいと考えています。 どんなことでもご相談ください。

閲覧数:41回0件のコメント

Comments


bottom of page